アフィリエイトで月収20万円安定して収入を得ことに成功した体験談

自由な時間も少ない人でパソコン初心者でも自宅でできるアフィリエイトで実際につき20万円の収入を継続的に安定して得られる方法に成功しました。方法さえ間違えなければ長期的に老後の資金までも補える収入になるのは確かです。収入報告や収益の情報公開を見てくれれば分かりますが、アフィリエイトで収益をあげるには個別指導をしてくれるコンサルの先生に教えてもらうことがいい方法です。半自動で将来の貯金や年金の不安も解消できますよ!

アフィリエイトで月収20万円稼ぐ方法:収入あるLPの作り方③

 

アフィリエイトで月収20万円稼ぐ方法:

 

前回の「収入あるLPの作り方②」(

https://motherpetitjob.hatenadiary.jp/entry/2018/03/29/155210

)では、実際にアフィリエイト初心者の私がLPを作ったときに個別指導で先生に作業をして頂いたことを1~9の箇条書きにしました。

 

今回はLPの作り方の1~2番目のやり方を説明していきます。

1.LPを作るためのドメイン取得(ムームードメイン)

2.取得したドメインをロリポップに設定する

 

f:id:francerenai:20180330184053p:plain

 

1 ムームードメインの取得方法と初期設定

 

 f:id:francerenai:20180330185142p:plain

 

ムームドメインのサイトで、個人登録する。ドメインは好きなドメインを自分で考えて作る。クレジットカードで買う。という流れでカンタンにできます。

(ムームードメイン: https://muumuu-domain.com/

 

ここでムームードメインに登録をすでにしている人は、ログインからムームードメメインをクリックして、ドメイン取得方法へ直接進みます。

 

ムームードメインの登録が初めての人:

 

ムームードメインのサイトでID登録を行います。ムームードメインのサイトで「新規登録」をクリック

f:id:francerenai:20180330185143p:plain

 

登録フォーム上で必要事項を入力。IDとパスワードはどこかにメモしておく。

一番下の「内容確認へ」をクリック

登録したメールアドレス宛てにメールが届くのでメールを確認

 

これでユーザー登録はOKです。ドメイン取得の途中なので続きに戻ります。

 

 

ムームードメインで好きなドメインの設定

 

f:id:francerenai:20180330185457p:plain

ムームードメインの最初のページ(https://muumuu-domain.com/)で取得したいドメイン名を入力して、「検索」ボタンをクリック

f:id:francerenai:20180330185808p:plain

例えば上記で、japaneaseloveと入れて検索ボタンをおすと、ドメインがいっぱいでてきます。

 

もう誰かが取得しているドメイン名には×印が付いています。

取得できるドメインは「カートに追加」ボタンを押せるようになってます。

 

下の「お申込みボタン」をクリックして、実際にドメイン購入に必要な画面へ移動します。

 

f:id:francerenai:20180330190333p:plain

 

 

f:id:francerenai:20180330190335p:plain

↑「ネームサーバー」欄はLPを作るサーバーなのでロリポップで容量は十分なので、ネームサーバーを「ロリポップ」に変更する。

 

Xサーバーやmixhostその他のサーバーを使う時は「ネームサーバー」欄は「今はまだ使用しない」を選択

 

次に「ムームーメール」について利用するかしないかを選ぶようになります。

 

 

f:id:francerenai:20180330190339p:plain

 

好きなドメインを作るといっても、大事なのは末尾の「.com」とか「.jp」等。

 

このドメインの末尾でなににするか迷ってしまうけど、予算に余裕があるのなら高いドメインでも,.com, .net, .infoであれば長期的にアフィリエイトでやっていきたいと考えているなら、年間1200円ほどのドメイン代なので、こちらを選ぶのがベターと言われてます。

 

LP自体が売れるようになるにもSEOはあまり考えなくていいというのが私の個別指導の先生の考え。

 

なぜかというと、LP自体を単体でグーグルの上位サイトにつけて売っていくよりは、作ったサイトやブログをグーグル検索で1位につけるようにして、そこでLPを紹介していくという方法。

 

こちらのほうが、正しく個別指導の「100万円不動産講座」をやっている初期メンバーの人たちも同じような方法で商品が売れていることが多いです。

 

私自身はこの方法でしか売れるLPを作って実際にLPから収益を上げていく方法は知らないので、個別指導の先生の「100万円不動産講座」で紹介されているLPの作り方マニュアルだけが頼りなので。

 

 

  • WHOIS公開情報:『弊社の情報を代理公開する』を選択
  • ネームサーバに『ムームーDNS』を選択

 

 

アフィリエイトで20万円稼ぐためのLPのドメインのお勧めな名前の決め方

先ほど上でドメインの末尾のお話を載せました。

 

今度は実際に月収20万円を稼ぐためのLPではどのようなドメイン名を決めればいいのか?というテーマについて話していきます。

 

個別指導で初期の段階で先生に教わったことは

一体自分に合ったドメイン名が決められない(><)日本語ドメインが良いの?com,net,info,jpなどいろいろあるけれど、後々のことも考えてできるだけ良い物を選びたいのですが・・。という質問があったので私なりの考えを書こうと思います!

 

一応今回のテーマです

・テーマと見込み客からドメイン名を決定しましょう
・日本語ドメインは1テーマを深堀することになります
・スマホ表示のことも考えておきましょう
・類似ドメインはブランディング化には良いですが、サジェスト機能が混乱を招くことも
・メールやサブドメインのことも考えておくと良いでしょう
・com/info/biz/jpなどはイメージ程度。SEOの強さはそれだけで決まらない。

 

サーバーによってもサービスが違いますし、1年後のことも考えて選んでくださいね。

 


テーマが決まっている場合とそうでない場合によってドメイン名は違ってきます。
ドメインテーマ
まずは私のサイトを例にしながら具体的に説明したいと思います。

 

当サイトのドメイン名は「nihongo1000」です。

 

これは「日本語というなじみのある言葉と1000」という数字にして覚えやすくしたものですが、実際にドメイン名だけを見ても、このサイトが「何の商品を扱っているサイト」なのか全くわかりません。

 

私の場合は「ネットで稼ぐ方法」を軸に、まずは「アフィリエイトで稼ぐ方法」を教えようという戦略(テーマ)が合ったのですが、そもそも日本語業界の方で「アフィリエイト」というビジネスモデルを知っている人はほとんどいらっしゃらないと思ったので、まずは「nihongo」という言葉に引っかかってもらおうと思い、このドメイン名に決定しました。

 

つまり、私の対象とする相手は「日本語業界」であり、アフィリエイト業界の人ではないわけです。

 

このように対象とする相手と、実際のHPのドメイン名をズラすという事により、かなり顧客を絞れるというメリットはある反面、ブランディング化が難しいというデメリットがあります。

 

本当は「basic‐afiri(アフィリエイトの基礎)」というドメイン名の方が、新規訪問者の方には親切だと思います。

 

これがまずは一点。


日本語ドメインは一発勝負!スマホのURL表示はおかしくなる場合も
日本語ドメイン
この考え方で究極までニーズを絞り込んだのが日本語ドメインです。「激烈アフィリエイトで稼ぐcom」などとすれば、検索結果に表示された時にインパクトがあり、例え、8番目とか、ちょっと下の方に表示されてもドメインタイトルだけ興味をもった訪問客が増える可能性は高いです。

 

つまり、サイトがスルーされず見られる→グーグルが有益と判断→上位表示されるという好循環です。

 

SEO的に日本語ドメインが強いかどうか?となると様々な実験をしていますが、確証は持てず、今言えることは「日本語ドメインキーワード」に合わせた記事を書けば、若干有利だという事です。

 

ただ、グーグルはURLとキーワードの完全一致を嫌っているという噂もありますので判断は難しいです。

 

また、サイトのボリュームが増えてテーマがちょっとずれてしまった場合の問題点も指摘しておかなければなりません。

 

例えば「アフィリエイトで稼ぐcom」でドメインをとっても、だんだんネタが増えてきて、「ネットで稼ぐこと全体」をコンテンツとして盛り込みたい!となってきた場合に問題が起きてしまいます。

 

なぜならこのドメイン名で来る訪問者に対して「アフィリエイト」に関する情報を正しく最短で伝えるのが検索エンジンの使命であり、そこに「せどり」とか「株式」とか「輸入ビジネス」などが入っていると、テーマのズレが起こってしまうのです。

 

だから、一テーマで深堀出来るものであるならば日本語ドメインをお勧めします。

 

一応例として私のサイト「キーワード選定講義」があります。(キーワードに特化してますね?)

 

また、スマホの表示に関してなのですが、firefoxなどではスマホのドメイン表示がおかしくなってしまいます。「xn--cckcdp0a5ni4g4i2bwib.com」のように英語だけの文字( punycodeコードと言います)になる場合が。

 

対応が変わるかもしれませんが「~com」「~net」の場合は注意が必要で、日本語ドメイン名がスマホブラウザでは反映されないこともあります。


サジェスト機能が働くので類似ドメイン名には気を付けて
ドメイン名の決め方

 

私の場合はドメイン名を「nihongo1000+net/com/info」などと揃えてブランディング化していますが、これも場合によっては注意が必要です。

 

例えば私のブログの訪問者のアクセス解析を見ると「nihongo1000」と打ち込んで来る方がいるのですが、類似したドメイン名を沢山とっておくと、

 

グーグルのサジェスト機能「もしかして○○というキーワードで検索しました?という機能」が働いて、私のブログじゃなくて、他の講座とか、このHPとかいろいろ検索結果に表示されてしまうんです。

 

これは狙ってやっているのですが、同じドメイン名ばかり取ると、なんだ?二つとも作者が同じなの?メインはどこ?なんてことになりかねない。市場を独占しようとした場合に関して、類似ドメインばかりを取っておくと、後で支障をきたすこともありますよ。

 

この辺は長期の戦略次第だと思います。

 

サブドメインやメルアドも考えて。com,infojpなどはイメージです。
ドメイン名決定
独自度名を取ると無料のメールアカウントがもらえたり、サブドメインをいくつか持つことが可能になると思います。例えば当サイトの例でいうと、「にnihongo1000+○○+com」という名前のドメインをいくつか持つことができるようになります。

 

もし、サブドメインで別のサイト例えば個別商品紹介のページ」を作ろうとした場合、やはりある程度はドメイン名と関連したサイトの方が訪問者に親切です。「nihongo1000-eigo+com」などというサブドメイン名になってしまっては、「英語のサイト?日本語のサイト?」というように混乱しませんか?

 

「ダイエットで痩せるcom」のサブドメインが「ダイエットは意味がないcom」では矛盾してしまうのは誰でもご理解いただけることだと思います(笑)

 

また、よくある質問なのですが、「com,info,net,jp」の中でどれを取るべきなのか?という事ですが、日本のことを書くのであればjpが海外の訪問者にもわかりやすいという点を除いてはそこまで大差がないと思います。

 

com→会社 net→ネットの事 info→情報サイト biz→ビジネスに関する話題

 

などと一応イメージがつくと思いますが正直アフィリサイト気にしなくても良いのでは?
私の場合、迷ったらcomかな~。というアドバイスに留まっています。

 

 

格安ドメインのSEO効果について追記
お名前コムや忍者ホームページ見てみると年間50円とか100円のものすごく安いドメインがありますよね?「○○XYZ」とか「○○linK」とか「○○takenaka」などのちょっと変わったドメイン名ですが、実は初年度だけドメイン代が安く、次年度から継続料金がすごく高い場合。また、管理ドメインが海外である場合などもあるので私は年間で1000円程度しか変わらないのですからおすすめはしません。

 

ただし、PPCやリスティング、ペラサイトならばありだとは思います。サーバーの引っ越しは簡単ですがドメインの引っ越しはかなりめんどくさいだけでなく、ほとんどの場合において検索順位が下がってしまいます。100円、200円をケチって一年後に激しく後悔しないようにしてくださいね!

 

 

 


ドメイン名で安いもの、XYZやtokyoなど地域名SEOに関係するのか?
最近はちょっとマイナーなドメイン名も出てきて迷いますよね?どうせ選ぶなら安い方が良い。「xyz/link/blue/pink」などがムームードメインにあって迷うと思います。

 

最近は「tokyo」とか「nagoya」なんていうのも売り出してますね。これら安いものはSEOとして弱いのか?という点で悩むと思いますが、私の出した結論は二つです。

 

① ドメイン末の英字ではSEOに大差がない

 

② しかし、安いドメインは安いサイトを作る人が増えるリスクはある

 

ということです。

 

「jp」「co.jp」は月額2000円、3000円かかるわけですから、それに比べて月額200円位のカラードメイン、地域ドメインなんかは気軽に初心者アフィリエイターが使いやすい。失敗しても良いわけです。

 

すると、安いドメイン名だと安っぽい初心者の失敗アフィリエイトサイトができやすい。

 

するとグーグルがSEOをチェックする場合に「安いドメインは失敗の可能性が高いからしばらく様子を見よう・・・」と考えてもおかしくないですよね?

 

というわけで、短期的に見ると無料ドメイン、安物ドメインは、SEOに若干弱い気もしますが、継続して更新しているのか?アクセスに応じてクリック率も上がっているのか?滞在時間も比例して伸びているのか?ボリュームは適切か?

 

などをグーグルはチェックして総合的にドメインの強さを決めていますので、長い目(1年ぐらい)で見れば、その後は大差ないと思います。

 

以上です♪また何かありましたらこうしてHPで発表できると思います。

 

 

【初心者向け】メルマガ読者を増やす最初の一歩は無料プレゼントを作ること。まずはここから始めよう!